Aporia

せとうちで考える、飲む、食べる

家づくりについて:資金計画

いよいよ家づくりが大詰めです。

家づくりについて考えたことや

こうしたら上手くいったよ、ということや

こうしたら失敗したよ、ということなどを

書き留めていこうと思います。

 

まずは資金計画について。

 

早速ですが

ご家庭によってそれぞれ

家計の状況は違いますので

家の間取りと同じように、

「これがベスト!」と

言えるものがありません。

 

ただ資金計画は私の専門分野ですので

何か言わないとね、という思いもあり

必死で考えました。

 

そして

これは確実に言えるだろう

というものが

いくつか出てきましたので

ご紹介しておきます。

 

ボーナス払いは使わない。

このご時世「ボーナス払いなし」は

当たり前なのかと思いきや

そんなことないみたいですね。

 

大手企業、上場企業にお勤めの方は特に

「賞与が出るのは当たり前だ」と

無意識のうちに

インプットされている方が多いようで

何の疑いもなく

「ボーナス払いあり」を選ぶとか。

 

でも。

場合によっては危ないことになります。

 

ちょっと考えてみましょう。

ボーナス払い分を各月に均一にならして

毎月の貯蓄を返済に回した場合、

手取り額でも支払は可能ですか?

 

A. 毎月の手取りで支払可能

貯蓄額なり出費なりを減らせば

毎月の手取内で支払可能。

…であるならば、

「ボーナス払い」をやめることを

検討してはどうかと思います。

 

たぶん

毎月のキャッシュフロー

家を買う前と同じにしたい

という気持ちがあると思うのですが

 

ボーナスを当てにした返済計画は

リスクが大きいですし、何より、

精神衛生上よくないです。

 

もし、何らかの都合で

転職や休職を余儀なくされた場合、

社会保障による収入は期待できますが

社会保障には当然、

「賞与支給月」の概念はありません。

 

勤め先が変わったり収入が途絶えたりと

ただでさえ心情が不安定な時。

まとまったお金が出ていくのは

できるだけ避けたいところです。

 

いま、積立型の貯蓄・投資や

貯蓄型の生命保険に加入している方は

ちょっと面倒ですが

ボーナス払いを無くして、

その分、ボーナスを貯蓄に充てるように

キャッシュフローの見直しを

かけてみてはいかがでしょうか。

 

B. 毎月の手取りで支払不可能

ボーナス払い分を月割りしたときに

毎月が赤字になる場合は

返済計画、または借入金額に無理がある

と言わざるを得ません。

 

借入金額を減らすか

返済年数を伸ばすか、どちらかの

手立てを講ずる必要があります。

 

どんな業種・職種でも

不測の事態で、一気に破綻することが

コロナ禍ではっきりしました。

収入が絶対減らない仕事なんて

ないと思った方がいいです。

 

かと言って、リスクばかり考えていては

ローンなんて一生組めません。

 

まずは毎月の手取りだけで

返済できる額まで

頭金を貯めるか

住宅購入の予算自体を減らす

ことをお勧めします。

 

昇給はないものと考える。

「xx年後には手取り〇万円になる」

というような

昇給を見越した返済計画は危険です。

 

コロナ禍で、そんな考えの人は

一掃されたのかと思っていましたが

最近、身近にそういう声を聞いて

まだまだ危機意識が薄いどころか

楽観的な人が多いことに驚きました。

 

「昇給はなくても減ることはない」

こういう考え方も危ないですね。

ひと昔なら考えられなかったことですが

今の日本では当たり前に起こり得ます。

 

ただ、上にも書いたように

リスクのことだけ考えるのなら

そもそも家なんて買わない方がいいし

ローンなんて組まない方がいい。

 

それでも家が欲しい。

だから住宅ローンを組むわけです。

 

今の収入のままで、余裕をもって

返済できる計画を立てるべき

です。

 

なぜこの2つを挙げたか?

「ボーナス払いは使わない」

「昇給はないものと考える」

この2つを挙げた理由は

 

今、手取りでもらえる月給額が

私/あなたの実力だからです。

 

ボーナスの原資は、

会社業績に左右されるので

私個人の実力では

どうしようもありません。

 

私の実力が伸びていけば

収入は増えるはずなんですが

会社が、より優秀な人を

採用するようになれば

私は用無しになってしまいます。

 

その時は転職をしないといけませんが

単に実力をキープしていたのでは

元いた会社と同じ価値では

買ってくれないでしょう。

 

なぜなら、歳をとっていくからです。

 

企業勤めをする以上は、

年齢や経験を重ねていくなりに

できることも増えていかないといけない。

 

30代を超えると

今日よりも明日の方が

できることが増えて、はじめて

今日と同じ評価を得られる。

 

いつまでも

「日本は、そうは言っても年功序列

という気持ちでいては

長い返済計画には耐えられません。

 

15年、20年経ったらまた、

企業を取り巻く環境は

大きく変わっていると思います。

 

なんだか最後はちょっと

話が逸れかけてしまいましたが、

要は

今の実力に見合った返済計画を立てて

無理や楽観視はしないように。

ということです。

 

当たり前と言えば当たり前ですが

どうしても気が大きくなりがちな

家づくりです。

現実をしっかり見るように

注意し過ぎるくらいでいいと思います。

 

「PPAP問題」と上場準備

以前書いた「パスワード付ZIP」

(俗に言うPPAP問題)を

上場準備の観点から

もう少し掘り下げましょう。 

 

aporia.hatenablog.jp

 

求められるのは「機密情報のアクセス制限」

証券会社や東証の上場審査でも

機密情報にはアクセス制限をかける

ということが

徹底できているかを問われます。

 

これは

「パスワード付ZIPにして送る」

と同じ意味ではありませんが

全く違うとも言い切れません。

 

あくまでも、その時々に応じて

最適な方法を

判断し、取れているかを問われます。

 

つまり

「リスクがあると思ったら

 全部制限かけちゃう」

という対応でも、一応はOKなわけです。

 

東証はパスワード付ZIPは禁止していない

前回も述べたとおり、デジタル庁は

パス付ZIPはやめろと言うくせに

その代替手段は提示していません。

 

東証も、この問題について

コメントは出していないようです。

※2021年2月現在

 

恐らく、セキュリティについては

審査の担当者の判断に

委ねられるのでしょう。

 

資料をメール以外で送る手段を用意する

社内からメールで送られる資料には

機密情報が含まれているか。

そして含まれている場合は

ちゃんとパスワードがかかっているか。

…なんてことは

チェックしようがありません。

 

世の中、まだまだ主流はメール添付。

とは言え、上場しようと

準備している企業なのに

資料送付の手段として

メール添付しかない、というのは

問題があるのではないでしょうか

というのが私の意見です。

 

使うにしろ、使わないにしろ

オンラインストレージサービス等を利用して

外部とファイル共有ができる仕組みを

一つ導入しておくといいのでは、と

個人的には考えています。

 

行政や専門家の指摘は上場準備とは関係ない

セキュリティ教育を受けたとしても

人のやることには、

必ず漏れやミスがあります。

 

だから全部、とにかく添付ファイルは

ZIP化してパスワードかけちゃおう

というシステムを導入する会社が

増えたわけです。

 

安直やな、という気はしますが

リスク管理しようという「意思」、

それ自体は、決して

否定されることではありません。

 

これは、メールの暗号化とか

プロトコルとかの

「技術」の次元の話ではありません。

労働生産性」の話とも全く次元が違うんです。

 

専門家や行政の皆さんは

そこを勘違いしてはいけませんし

上場準備企業側も、彼らが言うことを

そのまま鵜呑みにする必要は

全くないと思います。

 

問われるのは「自ら対処する力」

問題なのは

パスワード付の添付ファイルを

送ったメールと同じ仕組み、

同じメールでパスワードを送付する、

ということに

セキュリティ上の大きな欠点があること。

 

ただ、何度も繰り返し言うように

その具体的、かつ効果的な代替手段は

誰からも提示されていないわけです。

 

オンラインストレージだって

完璧ではありませんし

不正ログインされてしまうと

ファイルを盗まれる可能性もありますし

サービスの運営者にのぞき見される

可能性だって否定できないわけです。

 

そこで、企業として

主体的にどう対処すると決めるか。

上場審査は、まさにここの

意思決定を見られるわけです。

 

マニュアル通りに整えたり、

他社の真似をするだけではいけない。

そう言われる理由ですね。

 

では具体的にどうすればいいのか?

システムで防ぎようがない以上は

 

・あらかじめ

 相手とやり取りする方法を決めておく。

(メール or オンラインストレージ)

 

・機密情報を含むファイルには

 パスワード付ZIPにするのではなく、

 ファイル自体パスワードをかける。

 

・必要な人にしか

 ファイルを送ったことが

 分からないようにする

 

・宛先を間違えないよう十分注意する

 

…という、基本的な対策を

徹底するしかないです。今のところ。

 

とにかく、証券会社と相談が必要です

上場準備の際はこの辺りの

細かいシステム運用のことも

証券会社とよく話し合って

方針を決めておくべきです。

 

さすがに自動ZIP化システムを入れろ、

とは言ってこないと思いますが

セキュリティ教育とその理解、

きちんと運用ができているかは

PPAP問題にかかわらず

確認されるところだと思います。

 

いずれにせよ

「何も考えてませんでした」や

「従業員個人に任せています」

では済みません。

 

自社のITリテラシーのレベルに合った

教育とシステム作りに、

時間に余裕のあるうちに

取り掛かっておきたいところです。

 

久々にいいクリエイティブを見た。西松屋「ちょうどいいふく」

今どき紙の新聞を愛読しています。

今日の日経土曜版に載っていた

西松屋の全面広告「ちょうどいいふく」。

 

久々にいいクリエイティブを見ました。

公式サイトにもまだ出てませんが

これは秀逸。

こういうの大好きです。

 

「○○ ちょうどいいふく」

というステートメント

文章が並んでいるのですが

私が

あー!そうそう!西松屋、それ!

と思ったのは

 

ちょっとぐらい

よごしたって

きにならないのが

ちょうどいいふく

 

せいちょうして

きられなくなっても

すなおによろこべるのが

ちょうどいいふく

 

おじいちゃん

おばあちゃんが

かってあげるのに

ちょうどいいふく

 

「いつも買うてもらってばっかりで…」

「ええんよ、西松屋じゃけん!」

という

やりとり、今まで何回したことか。笑

 

赤ちゃんの表情もいいなぁ。

良い広告。拍手。

 

議論が偏っている「PPAP問題」

PPAP」すなわち

「メールの添付ファイルとして

 パスワード付ZIPファイルを送って

 パスワードを別メールで送信する方法」

が話題になっています。

xtech.nikkei.com

 

私の周りの実態としては

会社間でやり取りする機密情報を含むファイルは…

  1. ファイル自体に、予め決めておいたパスワードをかけてメールで送る
  2. オンラインストレージを利用する

これらのどちらかの手段を使っていて

パスワード付ZIP+パスワードメールは

ここ数年、一度も届いたことがありません。

 

この問題、議論がどうも「専門家目線」に

偏っている気がします。

 

というのも

PPAPはセキュリティ上、効果がない」

と、専門家の皆さんが

おっしゃる理由はよくわかりますが

それを言ったところで

「"○○です。お世話になっております"と

 毎回メールの冒頭に書くのは無意味」

と言うのと、同じレベルだと思うんです。

 

言ってることは正しいんでしょうけど

メールがビジネス上、インフラ化していること。

そして、

ファイル自体にパスワードをかけられない場合は

パスワード付ZIPにして送る

という手続きが慣習となっていること。

 

これらが事実としてある以上は

個人の判断で、勝手には辞められないわけです。

 

だから今回の問題で、広く世間が知りたいのは

  • 今まで会社にやれって言ってきたのになぜ急にダメと言われるのか?
  • じゃ今後どうすればいいのか?

この2つだけなんです。

でも、この2つは分かりやすく話されていません。

 

ITに携わる人たちに多い、悪い癖に

「相手の知りたいことに適切に答えない」

というのがあります。

自分もかつてそうだったので

今は反省しているんですけどね。

 

分かりやすい説明も、代替方法の提示もなく

急に「パスワード付ZIPは悪だ」と

官が言い出すのはいかがなものかと思います。

 

そして「受け取った側だけに負担を強いる」と

パス付ZIPを批判する人たち。

そういう人たちは、自分が

「今までそれを良しと言われてやってきたのに

 急に手のひらを返され、悪と言われた人」に対し

一方的に負担を強いている

ということには気付いていません。

 

相手を思いやる気持ちが欠けている状態で

「お互いの安全と効率の両方に配慮した

 ファイル送受信の新しい取り決め」

なんて作れるはずがありません。

 

専門家のみなさんと、デジタル庁のみなさんは

少し考え方を改めた方がいいのではないか

と、思います。

 

ちなみに。

平井大臣の言った「パスワードは電話で伝える」。

いかにも実務を知らない政治家の発言ですね。

そんな非効率なこと誰がするねん、と。

 

「大事な要件はメールでなく電話で伝えましょう」

「メールを送った後は、必ず確認の電話を入れる」

 

今の20代以下の方は信じられないと思いますが

 つい15年くらい前までは

これがビジネスマナーとされていたんですよ。

 

受け手の好きな時に、好きなペースで読めるし

記録もちゃんと残るメールよりも

何の記録も残らない電話の方が偉かったんです。

 

つい最近まで、そんな時代だった。

「パスワードは電話で」は

当時に戻れ、と言ってるようなものです。

大臣の発言がこれじゃあかんわなぁ…

合掌。

 

大阪ミナミの街

 

厳しいですが、地元民をないがしろにして

稼げる外国人相手にばかり商売しながら

何をいまさら、といった感じです。

www.asahi.com

私が大阪に住んでいた2014年頃、

黒門市場は既に

日本人が立ち寄らない場所になってました。

あの辺のお店、中国語と韓国語の看板だらけで

日本人向けの商売してる店が

ほとんどなかったんですもん。

 

でんでんタウン辺りも

道頓堀から心斎橋筋にかけても同じ。

アメ村近辺もいつの間にか

ボッタクリ服屋、質の低い居酒屋、

怪しげな風俗店ばかりになってしまって

ほとんど行かなくなってましたね。

 

20代の頃はよく遊びに行ったもんです。

なんばで降りて

とりあえずWINSで馬券買って

立花通りで家具屋とか雑貨屋見て

アメ村のキングコングでCD買って

HANJIROで古着買って

南船場のチャオパのぞいて

クリスタでインデアンカレー食って

GAPとハンズのぞいて

色々買い物しながら心斎橋筋を下って

道頓堀でたこ焼き食って

馬券の当たり外れを確認して

タワレコと無印寄って

日本橋でPC周辺機器買って

パークスぐるっと回って

赤垣屋で飲んで

りくろー買ってほろ酔いで帰る。

 

懐かしい。

一日中、めっちゃ歩いてましたね。

行く度に新しい発見、出会いがあって

本当に楽しい街でした。

 

コロナが収まったら

子ども連れて大阪に遊びに行きたいけど

ミナミは行かんやろなぁ。。

 

ま、お店も大変だと思いますが

また日本人に目を向けてもらって

しっかり地に足つけて

ミナミらしく、ごちゃごちゃして面白い街に

戻ってくれたらいいなと思います。

 

2020年の振り返り+2021年の目標

毎年1月に前年の振り返りをして、

当年の目標を立てていたんですが

ここ数年は(前身の)ブログも

放置気味だったこともあって

しばらく書いていませんでした。

 

ちょっと遅くなりましたが

今年は久々にやりましょう。

 

2020年の反省

会社の仕事は、ぼちぼち調子よくいきました。

コロナ禍でも幸い業績に大きな影響は出ず

従業員も未だ感染ゼロが続いているので

幸運なことだなぁと思います。

 

前職の自動車業界は

業績の落ち込みがひどいと聞きますので

たまたま、ちょうどいい時期に転職して

Uターンできたのかな、と思っています。

 

プライベートでは家を建設中で、

契約やら設計やらで大忙しの一年でした。

2019年3月ぐらいから土地探しを始め、

ようやく4月に完成する予定です。

想像の倍以上の時間がかかってますが

いろいろ勉強になることも多くて

人生、一度は家を建てる経験をしておいて

よかったかな、と思っています。

 

家づくりについては

またどこかのタイミングでまとめようと思います。


健康面は良かったですね。

病気は一度もしなかったです。

マスクと手洗いって

やっぱり効果絶大なんでしょうね。

 

総括すると、コロナ禍で大変な一年でしたが

精神的にも肉体的にも元気に過ごせました。

元々インドアでもアウトドアでも

楽しめる性格ですから、

その点が良かったのかなぁと。

 

2021年の目標

今年は久々に試験を受けます。

子供も手がかからなくなってきましたので

(とは言ってもまだまだ大変ですが)

ぼちぼち勉強したいなと。

 

受けるのは証券アナリスト(1次)です。

今までIRとか財務分析とか

会社で学んできたことを

一度体系的に整理しておこうと思い、

受験を決めました。

 

公式テキストでの勉強は始めているものの

先に述べたように、今は家関係で忙しいので

4月の春試験ではなく

9月の秋試験を受けようと考えています。

その頃にはコロナも収まっていますように。

 

もう一つは、生きること

これに尽きます。

旅行したり、飲みに行ったり、遊んだり、

自由にできない状況がまだ続くと思いますが

とにかく、生きてさえいれば

好きなことできる日が

また必ず来るはずですからね。

 

我ながら、四十手前にして

コンサバティブになったなぁと思いますが

だからこそ、このような未曽有の危機でも

平穏な生活を送れているんだろうな、と

前向きに捉えています。

 

今年も楽しく生きていくぞ。おー。

 

収益認識基準の適用が始まります

3月決算の会社は

2021年3月からの収益認識基準の適用を前に

バタバタしている会社が多いと思います。

 

収益認識基準における会計基準とは - KPMGジャパン

https://home.kpmg/jp/ja/home/insights/2020/01/revenue-recognition.html

 

各社いろんな問題があると思いますが

「値引」と「本人・代理人」の論点が

会社と監査人との意見の擦り合わせに

苦労するところなんじゃないかな

と考えています。

 

特に「本人」として総額表示していた会社が

代理人」であると判断された場合は

純額表示に変えることによって

売上高が大きく減る可能性があります。

 

cpa-noborikawa.net

 

利益は変わらないので

そこまで気にする必要ないんじゃないか、と

個人的には思うんですが

 

「売上増」や「増収」を

数値目標に掲げている会社も多く

管理会計に影響が出るところなので

抵抗する気持ちも理解できなくはないです。

 

今までのルール・慣習を変えるのは苦労しますね。

がんばりましょう。