Aporia

せとうちで考える、働く、飲む

家づくりについて:建具の色

建具の色って悩みますよね。

 

我が家は、すべて「白」にした

前の記事で書いたとおり、

我が家の室内建具は

LIXILの「ラシッサ」シリーズ

選びました。

www.lixil.co.jp

 

その中で選んだのは「ラシッサS」の

「クリエアイボリー」です。

窓枠も同じクリエアイボリー。

アイボリーとは言っても、ほぼ白です。

 

巾木は白。

壁紙もほとんどが白。


「さすがに真っ白過ぎないか?」と

いう話になりましたが

最終的に白に統一しました。

 

これが正解でした。

全部白でいい。

今ではとても満足しています。

 

結局、いろんな色の物が置かれる。

家の中を見渡してみてください。

真っ白いものってありますか?

白い家具というのは

あまり見かけません。

ほとんどのお宅が木目でしょうね。

 

白物家電という言葉があるものの

白色の家電も、最近あまり見かけません。

カラフルな家電が増えました。

純粋な「白物」は

エアコンや照明ぐらいでしょうか。

 

我が家で言うと、

家具は木目で薄茶色。

家電は白・黒・グレーが多いですね。

ラグは緑。カーテンはグレー。

子どものおもちゃは

めちゃめちゃカラフルです。

 

それらが部屋の中に入ると

建具は白でちょうど良いんですね。

もし木目や黒にしていたら

家の中にあふれた色が

ちょっとうるさく感じたと思います。

 

最終的に物が入った様子を想像する。

注文住宅の仕様を考えていると

ちょっと変わったことをしないと

もったいないかな…と思い

建具や壁紙で遊びたくなります。

 

でも、一旦落ち着きましょう。

最終形をよく考えたほうがいいです。

白は無難かもしれませんが

何にでも合わせられる色です。

 

その派手な壁紙、

お子さんが大きくなったらどうしますか?

本当にその色でいいですか?

 

建具の白色は万能です。

一度考え直して

候補に入れてみてはいかがでしょうか。